gReaderが急に使えなくなった

androidの RSS Reader、gReaderというのを使っているんですが、2017年1月に急に新しい記事を受信しなくなりました
問題無いという人もいました
結局、一度ログオフして feedlyでログインし直したら、新しい記事読めるようになりました
ローカルで使っていると、新しい記事を受信できなくなってるようでした

阿蘇山中岳が噴火 噴煙 11000m

阿蘇山の中岳が噴火したらしいです
夜中の噴火だったようで映像が残っていないんで、11000mの噴火がどんなもんか阿蘇山の写真に加工してみました
阿蘇市の webにあった画像に加工しました、ひどい出来上がりです

噴煙 11000m

この名前のプロジェクトはワークスペースにすでに存在します

eclipseで新規Androidアプリケーションを作ろうとしたとき、プロジェクト名部分が
『 この名前のプロジェクトはワークスペースにすでに存在します』となってしまう

気に入ったアプリが無いんで自分で作ってやろうと思って奮闘しています
最初は、試行錯誤で何度も新規作成を行います
ワークスペースが作られるフォルダーに無いのに、
この名前のプロジェクトはワークスペースにすでに存在します、
とエラーになる事があります

私の場合は、eclipseで削除するのでは無くエキスプローラーで、
ワークスペースのフォルダーを削除したときeclipseとフォルダーの
不一致が起きたようです

この時は、eclipseのメニューから
ウィンドウ ==> ビューの表示 ==> パッケージエキスプローラー
を表示すると、使いたい名前のプロジェクトが表示されると思います
そのプロジェクトを右クリック ==> 削除 ==> ディスク上からプロジェクトコンテンツを削除 ==> OK
を行う事により、不一致が解消されます

英国 EU離脱

2016年6月24日、英国の EU離脱するかの総選挙が行われましたが、前評判に反して離脱が過半数となりました
その後、イギリスのキャメロン首相がイギリス現地時間 16時に記者会見し、首相を辞任すると発表があり、
会見が行われました。その全文です

ちょっと聞いてて感動したので載せる事にしました
(日本語訳は、BSフジの PRIME NEWSより)

おはようございます、みなさん
イギリスはたった今、おそらく歴史的にも最大の民主的決断を下した
イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、ジブラルタルから
33万人以上の人々が自分の発言権を行使した
この島国に、このような大きな決断を行える人々がいる事を誇りに思う
議会制民主主義があるだけではない
どのように政治を行うかというやり方についても
国民に問いかけをするときがあり
今私たちはまさにそれを行った
英国民は EU離脱を決断した
その意図は尊重しなければならない
党の違いを超え、国の利益のため
私の考えに賛成してくれた人々に感謝する
そして、離脱に投票した人々の
積極的な考えにお祝いを申し上げる
国民の意思をかなえる事は私の使命
これは軽い決断ではない
この思い決断に関しては
多くの組織によって多くの事が言われてきた
結果には疑いの余地も無い
世界中が英国の行った決断に注目している
私は、イギリス経済の基盤は強いと
市場、投資家たちに強調しておく
私は欧州に住む英国人、英国に住む欧州人に
投票による変化はすぐには起きないと強調しておく
渡航、貿易、サービス取引への影響も
すぐにはない
私達はスコットランド、ウェールズ、
北アイルランド政府とともに EUとの交渉を開始し
イギリス連邦すべての利害を
守らなければならない
これには強いリーダーシップが必要である
私は 6年間イギリスの首相を
勤めてきた事を誇りに思っている
私達は大きく前進した
史上初めての高い雇用率を達成した
福祉、教育改革も行った
人々のチャンスを増やし
より強い社会を構築してきた
世界中の貧しい人々に
その公約を果たしてきた
性的嗜好にも関わらず、結婚できるようにした
何よりもイギリスの経済力を立て直した
それを実現可能にした人々に感謝する
私は大きな決断から逃げるのでは無く
立ち向かわなければならないと信じる
だからこそ私達は 70年ぶりの連立政権を
打ち立て、景気を立て直した
だからこそ私達は
スコットランドで国民投票を行った
だから私は EUに対して英国の立場を交渉し
国民投票を行う事を誓い、そして実行した
私は、この国民帳票を
私のやり方で戦った
私の頭と心と魂で
自分の考えている事を述べるというやり方で
私は引き下がる事はしません
私はイギリスが EUに留まることが
イギリスを強く豊かにすると強く信じていた
私にとって国民投票の結果は
それしか考えていなかった
しかし英国民は別の道を歩むと
明確に決断を下した
よってその方向に進むための
新しいリーダーシップが必要である
私は今後、船を安定させるため
首相としてできるだけの事をする
しかし私は次の行き先へ進むのに
船長となるのは正しくないと考えている
これは軽い決断では無い。国には安定が必要である
そして新しいリーダーに引き継ぐ事が必要になる
今は明確な予定は無いが、10月の保守党大会までには
新たなリーダーシップが必要と考えている
安定は重要である。私はこれからの3ヶ月間
首相としての職務を続ける
閣僚会議はげ宇掉尾に行われ
英国銀行の総裁が金融政策に関する声明を出す
また女王のスピーチ前に議会で制定した立法措置も
継続して行う。今朝、女王にも方針をお伝えした
EUとの交渉は新首相が行う
新首相がいつ(リスボン条約)第50条を発効し
正式に EU離脱のプロセスを開始するかも決定する
私は来週 EU審議会に出席し
英国民の決断、私の決断を説明する
これは英国人の選択であり
尊重しなければならないだけで無く
私を含め敗北した側の人たちも
協力しなければならない
イギリスは特別な国です
私達には強みがあります
たとえば平和な議論を通じて
自国の将来を決定するための議会制民主主義がある
優れた貿易、科学とアート、技術
創造性の国であり、世界中から尊敬されている
完璧では無いが、多民族国家の
民主主義モデルとなることはできる
努力をした人たちが
最高のレベルまで到達する事ができる
EU離脱は私の推奨する道ではないものの
私は真っ先に皆さんの力を信じます
英国は EUを離脱しても生き残る事はできる
その道を見つけるのです
離脱が決断された今、最善の道を探らなければいけない
私はできるだけの支援をする
私はこの国が好きです
これを見届けた事を光栄に思う
そして、この素晴らしい国が
成功するための最善を尽くします

OLYMPUS TG-870 GPS測位までの時間

OLYMPUS TG-870 Toughの GPS測位時間です
AGPSは最新データーへ更新した状態で、全空見渡せる位置での実験です

電源 ONして、液晶の GPSの表示が点滅から点灯になり、LAT/LONGが表示されるまでの時間
始めて測位する時 60秒
切ってすぐ(約5秒後)に入れると 3秒
電源切って 2分歩いた後電源入れると 35秒
GPSロガーを ONにしておいて電源 OFF、2分歩いた後電源入れると 3秒

数分切ると 30秒以上待たされます
すぐ GPS使いたい時は GPSロガーを入れておくとすぐ測位します
GPSロガーの電池消耗がどのぐらいかにもよりますが、GPSロガー入れっぱなしが便利そうです

ImageMagickの update

ImageMagickに虚弱性があるというので updateしました
最初は rpm -Uvhを使って安易に rpmパッケージで updateしようとしましたが

[root@]# rpm -Uvh ImageMagick-7.0.1-1.x86_64.rpm
エラー: 依存性の欠如:
ImageMagick-libs = 7.0.1-1 は ImageMagick-7.0.1-1.x86_64 に必要とされています
libMagickCore-7.Q16HDRI.so.0()(64bit) は ImageMagick-7.0.1-1.x86_64 に必要とされています
libMagickWand-7.Q16HDRI.so.0()(64bit) は ImageMagick-7.0.1-1.x86_64 に必要とされています
libMagickWand-7.Q16HDRI.so.0(VERS_1.0)(64bit) は ImageMagick-7.0.1-1.x86_64 に必要とされています
libfftw3.so.3()(64bit) は ImageMagick-7.0.1-1.x86_64 に必要とされています
liblcms2.so.2()(64bit) は ImageMagick-7.0.1-1.x86_64 に必要とされています

簡単ではなさそうです
最初は ImageMagick-libsを installすれば問題解決かと思いましたが、ファイルが足りませんエラーが増えてしまいます
検索エンジン使って調べた所、sourceからコンパイルしたら簡単だった!
と言うのが見付かり試してみます。ソースファイルは、ImageMagickの本家から download ==> sourceと進み、私が downloadした時には、文書内の ImageMagick.tar.gzのリンク先からダウンロードしました
このファイルを tar -zxvfして configure、make、make installした所、何もやらずとも install出来ました。確かにソースから作った方が簡単にインストールできました

セントラルヒーティング用ボイラー修理

北海道の話です
賃貸住宅が、灯油セントラルヒーティングという暖房設備の物件でした
灯油でお湯を沸かして、そのお湯を各部屋に循環して部屋を暖めます

お湯を作る灯油ボイラーは、
サンヨー油だき温水ボイラー HBU-AK113A
1996年製造と書かれています

で、引っ越す 1ヶ月前に、その灯油ボイラーが故障しました
着火しません
エラーコードは E1とか E2とか
取扱説明書によると、E1は着火不良。E2は書いてませんでした

管理会社に連絡しました。そうしたら近くの業者が来ました
が、製造年月日を見て即答しました
コレは直らない、無理、買い換えるほか無い、買い換えると 40万ぐらいかかる、通常灯油ボイラーは、10年ぐらいしか持たない物だ、コレが20年使えていたのが奇跡だ。とか言い出すしまつ。で、管理会社が、この賃貸物件のオーナーに連絡したら、そんなお金は掛けられない。引っ越すまで寒くても我慢してくれって。。。。。おいおい

で、我慢していましたが、朝氷点下になりだして寒いので、なんとか自分で修理できない物かと、出来そうなことをやってみました


フタ開けたところです
それほど難しくなさそうです

まずは、青矢印の部分を回して、中に入っていた灯油のフィルターを取り外しました
20年間、1度も交換したこと無かったんでしょう。汚れてました
直径 20mm、長さ 30mmぐらいの紙フィルターですが、そんなの持っていないので、取り付けませんでした
灯油は、このボイラーに来る前に、外に置いてある灯油タンクの出口。2階に灯油ボイラーあるので、加圧ポンプの部分など、何カ所かフィルター通ってきているので必要無いでしょう
(ホームセンターで売っていたら買ってくることにします)

その次に、赤矢印のネジを外せば、灯油が燃えるバーナー?の部分が出てくるかと思いましたが、残念ながら、赤矢印の 2本を外しても、黄色矢印の灯油の通る銅配管が、ずうっと奥の方まで刺さっていて、灯油を吹きだしている部分を確認することは出来ませんでした

その次は、緑色の矢印。コネクターを、見付けた物全て、抜いてグリグリやって接触不良を直していきます
矢印を付けたコネクター以外にも、覗き込むとたくさんコネクターがあるので、手の届く範囲は全て抜き差ししました
紫矢印の先にコントロール基板があるのですが、そこに刺さっているコネクターもグリグリやります (コントロール基板は、残念ながら、簡単に取り外せそうではありませんでした)

で、試したところ、なんと、問題無く着火します
直りました
まだまだ使えそうです

追記
修理した日は 5時間ぐらい連続して動作したので、直ったーーーと思いましたが、
次の日から、着火しても 5分でダメとか、ダメダメになってしまいました

トール西壁

登山家の山野井さんの小説に出てくるトール西壁ですが
場所は 66°30’03.78″ N 65°28’17.18″ W なんだと思います
GoogleEarth
カナダ北極圏
バフィン島
カンバーランド半島

812164